Zaifの6つの特徴と2つのデメリット!モナコインならZaif一択ですよ

国内の仮想通貨取引所の中でも、ビットフライヤーやコインチェックに次ぐザイフも、現在急成長を遂げています。

 

堀江貴文さんの話の中に度々登場することで知名度も上がったZaifについて、現在では、トップクラスの仮想通貨取引所となりました。

ここでは、Zaifの特徴とデメリットについてご紹介したいと思います。

 

Zaif(ザイフ)の6つの特徴

1.トークンの販売を行っている

ビットコインのブロックチェーン上で作られた仮想通貨のようなトークンというものを販売しています。

これは、仮想通貨と同じで1トークン○円として売買対象となります。

トークンの売買を行うことができるのは、国内の仮想通貨取引所の中ではZaifだけとなっています。

 

2.モナコインの取扱がある唯一の取引所

Zaifは、モナコインを取扱っています。

モナコインの取扱があるのは、ザイフ以外でbitbankのみです。

 

海外の取引所の中でも取扱が少なく、現段階では時価総額が低いものの、今後、将来性のある仮想通貨として知られています。

それを敢えて取扱っていることがZaifにとっての強みでもあります。

 

3.仮想通貨の取引手数料が国内最安値

Zaifは、仮想通貨の取引手数料が国内最安値とされている為、むしろ、マイナス0.01%というような、手数料をもらえる仕組みとなっているのです。

これは、ビットコインとモナコインのみの対応となりますが、このような仕組みを導入しているのはZaifだけです。

 

4.仮想通貨の積立購入が可能

仮想通貨投資を行うにあたり、大きな損失が出ないようにするためにも、仮想通貨の積立購入がオススメです。

 

これは、毎月自分の口座から決まった金額が引き落とされて仮想通貨を購入する仕組みとなっているのです。

 

5.セキュリティ万全である

ザイフは、ログインや送金の際は、二段階認証を行い、セキュリティを強化させています。

これにより、不正ログインを防ぐとともに、安心して取引所を利用することができます。

Zaifはこれらの点においてセキュリティ万全であると言えます。

 

6.国内取引所の中でも規模が大きい

Zaifは、コインチェックやビットフライヤーに次ぐ、国内で取引高第3位の取引所となっています。

かなり上位クラスであることが分かりますね。

 

Zaif(ザイフ)のデメリット2つ

1.取扱う仮想通貨の種類が4種類と少ない

Zaifでは、ビットコイン、ネム、イーサリアム、モナコインといった取扱う仮想通貨の種類が少なく、色々な仮想通貨を入手することができません。

2.証拠金取引を行う場合の手数料が高額になる

Zaifでは、取引に必要となる資金を入れると、その数十倍の資金を借りて投資を行うことができます。

しかし、その際の手数料(借入手数料0.039%/日、利益手数料0.7%)が、とても高額となってしまうことがネックです。

SNSでもご購読できます。